8月25日
手のひらの反射区で、全身の器官を整えよう

「手のひら」には全身の器官に対応する反射区があります。手のひらの中央には「胃区」、薬指の少し下には「脾区」、小指側の盛り上がった部分には「小腸・大腸区」などがあるのです。反対側の手をグーにして、開いた手のひらの上を強く滑らせるようにして刺激して、内臓などの器官の調子を整えましょう。手のひらにげんこつを当てるときは、机や自分の脚に手のひらを置くと安定しますよ。

前へ

バックナンバー

2011年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。