9月9日
認知症予防として、脳の冷えに注意しよう

認知症の原因のひとつとして、「脳の冷え」が関係しているといわれています。通常、脳の温度は「32〜34℃」ですが、認知症を患っている方は「脳の血流」が滞っていて、もっと低温になることも。「手足の冷え」を解消するのと同様に、「脳の血流」のために食事や、運動で体を温めることを心がけましょう。

前へ

バックナンバー

2011年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。