9月11日
ウォーキングは、会話できる速度で続けよう

のんびり歩いていても脂肪は燃えませんが、会話ができないほど頑張っても、実はダイエットには逆効果。歩くとお腹がすいて…という人は、運動強度が強すぎて、「脂肪」ではなく「血中のグリコーゲン(糖質)」がエネルギー源として使われた証拠です。ウォーキングでやせるためには、「脂肪」をエネルギー源としなければなりませんから、空腹で血糖値が下がっている時に歩くことです。そうすれば糖の代わりに脂肪がエネルギーとして使われます。そして「ギリギリ会話できる」ぐらいの速さで歩くことが理想です。

前へ

バックナンバー

2011年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。