9月15日
太りにくい夕食の摂り方を実践しよう

夜遅い食事は体に悪いし…と、何も食べずに寝ることはありませんか?空腹時間があまりに長いと、より脂肪を溜め込みやすい体質になり、逆効果になることがあります。できるだけ夜9時までに主食を済ませたほうがいいのですが、それ以降なら低脂肪な「大豆食品」をとって、成長ホルモンを睡眠中に出せるようにしましょう。代謝を上げて、太りにくい体質を作りましょう。

前へ

バックナンバー

2011年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。