9月23日
妊娠中毒症について理解しておこう

妊娠中毒症とは、妊娠中の「むくみ」「タンパク尿」「高血圧」を三大症状とする不調をいいます。重症になると「胎盤の機能」が落ちて、胎児の発育に影響が出たり、早産、死産の原因となることもあります。妊娠の負担が重くなる「妊娠末期」に起こりやすく、妊娠が終了すると症状がなくなります。家族に高血圧、腎臓病、糖尿病などの罹患者がいたり、肥満体質の方は、妊娠したら「妊娠中毒症」について理解しておきましょう。

前へ

バックナンバー

2011年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。