9月24日
ドライアイの症状について理解しよう

目の表面は、「油の層」と「水の層」で覆われています。その下には「ムチンの層」があり、その下には「角膜」があります。油の層は、水の層から水分(涙)が蒸発するのを防ぎ、粘着力があるムチンの層は、水分(涙)が流れ落ちないようにする役割があります。そうして角膜を守っているのです。涙が出ない、あるいは涙を目の表面に保っておくことができない状態が続くと、これらの層が乾燥して「ドライアイ」になり、角膜炎や結膜炎になりやすくなります。少しでも気になる症状があったら眼科に行き、目の健康を守りましょう。

前へ

バックナンバー

2011年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。