9月25日
お酒と肥満の関係について理解しよう

カロリーオフのビールや発泡酒が大人気ですが、本当にそれが肥満防止につながるのでしょうか?アルコールは、適量なら血行を促進したり、ストレスを和らげたり、善玉コレステロールを増やすなど、さまざまな健康効果が期待できます。しかし、中性脂肪は「アルコール」からも合成されるため、飲みすぎれば、ドンドン肥満体質につながってしまうのです。だからカロリーオフのビールは、普通のビールよりはカロリー分が低いながら、飲み過ぎればやはり肥満にも。やはりお酒は、ほどほどにしておくほうがいいですね。

前へ

バックナンバー

2011年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。