10月6日
睡眠を活用して、成長ホルモンを分泌しよう

睡眠時には、いろいろな種類のホルモンが分泌されますが、脳を休める働きのある「ノンレム睡眠」のときに「成長ホルモン」が分泌されます。この成長ホルモンは、カラダの成長を促すことはもちろんのこと、傷ついた細胞を修復する働きもあるといわれています。眠っているときには、ただ体を休めているだけでなく、私たちの体を治してくれているのですね。

前へ

バックナンバー

2011年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。