10月12日
サポニンの力で、免疫力の低下を防ごう

大豆特有の苦味やえぐみのもとである「サポニン」には、「抗酸化作用」があるといわれています。私たちの免疫システムを低下させる一因である「活性酸素」の因子を、このサポニンが攻撃し、無毒化させて免疫力の低下を防いでくれるのです。大豆は、免疫力にとって強い味方なのですね。

前へ

バックナンバー

2011年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。