10月21日
βーカロテンとビタミンAの関係を知ろう

βーカロテンは、免疫力を高める働きをもつ「ビタミンA」になる前の物質です。ビタミンAは皮膚や粘膜を強くしたり、摂りすぎると頭痛、吐き気などの症状が生じる恐れがあります。しかしβーカロテンなら、体内で必要な量だけが「ビタミンA」に変わるため、摂りすぎの心配がありません。モロヘイヤ、ニンジン、春菊、カボチャ、ホウレンソウなど、色の濃い野菜に多くβーカロテンは含まれています。免疫力アップのためにβーカロテンの摂取を心がけましょう。

前へ

バックナンバー

2011年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。