10月25日
クコの実のを食べて、糖尿病の予防をしよう

中華料理によく使われ、「杏仁豆腐(あんにんどうふ)」の上にも添えられているクコの実は、東洋医学的に「平性」で、滋養強壮の作用があります。現代の研究では、血糖値を下げる作用、血圧を下げる作用があることもわかっています。小さくて食べやすいのですが、1日15〜20粒程度を食べてみましょう。

前へ

バックナンバー

2011年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。