10月27日
インフルエンザウイルスはワクチンで予防しよう

インフルエンザウイルスは、ヒトからヒトへ感染しやすく、数年に一度大流行が起こります。また、気管支炎や肺炎だけでなく、心不全や脳症などを併発し、お年寄りなど体が弱い人にとっては、死亡率の高い病気です。予防の基本はワクチンの接種です。また、ワクチンを打って予防するだけでなく、発症したらすぐに医師の診察を受けることが大切です。

前へ

バックナンバー

2011年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。