11月7日
20〜30回噛んで、体脂肪の分解を促そう

食べものをひと口20〜30回を目安によく噛むと、成長ホルモンの働きが良くなり、体脂肪の分解を促します。また消化器の働きも活性化されて、デトックス力(排泄力)も高まります。ゆっくり食事をすることは、血糖値の急激な上昇を防ぐこともできますから、ダイエットにも効果的です。

前へ

バックナンバー

2011年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。