11月15日
疲れたときの甘い物は、ほどほどにしよう

糖分は脳をリラックスさせるので、「ストレス対策」として甘いものを食べるのは有効です。しかし、大量に食べると急激に血糖値が上がり、むしろ頭がボ〜ッとして集中力や気力が低下します。また、続けて甘いものを食べていると、血糖値が高くなりすぎて「ストレスに弱い脳」になってしまう恐れがあります。糖分は、少量でしっかり働くのです。

前へ

バックナンバー

2011年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。