11月16日
疲れ目には、眼精のツボを刺激しよう

携帯・パソコン・テレビなどの画面を見る時間が増え、現代人は目を酷使しています。「目が疲れたな」と思ったら、「眼精(がんせい)」という足のツボを押しましょう。足の人差し指と中指の間の股から、甲の方へやや入ったところです。ここをグイッと押し揉むと、目の疲れがスッキリするといわれています。

前へ

バックナンバー

2011年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。