11月17日
リンゴの食物繊維の整腸作用を知ろう

リンゴに含まれている「ペクチン」という食物繊維は、腸内でのコレステロールの吸収を抑え、働きがあるといわれています。また、腸の状態を正常に保つことを促し、下痢や便秘の改善にも役立ちます。ペクチンは、お腹の調子が良くない人は積極的に食べましょう。

前へ

バックナンバー

2011年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。