12月6日
化学伝達物質ヒスタミンについて知ろう

花粉症やアレルギーの原因としてよく登場するのが「ヒスタミン」です。これは一部の細胞や肺、肝臓、胃粘膜、脳などに存在する化学物質で、「平滑筋」と呼ばれる筋肉を収縮させたり、血管を拡げて水分を「血管の外」にしみ出させる作用があります。花粉、ダニ、ハウスダスト、薬などが体内に入ることで過剰に分泌されだすことがあり、それによって皮膚が赤くなったり、かゆみが出たり、腫れるなどのアレルギー症状を起こすのです。

前へ

バックナンバー

2011年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。