12月12日
バカ貝のタウリンの効能を知ろう

通称で青柳とも呼ばれるバカ貝には、タウリンが豊富に含まれていて、血液中のコレステロールを排泄させる働きがあります。それによって肝臓の負担も軽くなり、内臓全体も元気にすることができるそうです。タウリンには、動脈硬化を予防する効能も期待できるそう。積極的に食べたいですね。

前へ

バックナンバー

2011年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。