12月22日
胸腺を元気にするためビタミンB6を摂ろう

心臓の上にある器官「胸腺(きょうせん)」は、免疫にとってとても重要です。免疫細胞のなかでも司令官の役割をしている「T細胞」の育成、成熟を担っています。この胸腺は、年齢とともに小さくなっていきますが、ビタミンB6が不足すると、より一層、萎縮が加速します。胸腺を元気にするためには、イワシ、かつお、玄米、納豆など、ビタミンB6を豊富に含んだ食材を、上手に摂り入れることが大切です。

前へ

バックナンバー

2011年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。