12月27日
あっため睡眠で自律神経を整えよう

睡眠中、体は省エネモードになるため自然と体温が下がります。平熱より1〜1.5度も下がることも。低体温は自律神経のバランスを乱したり、免疫力が低下するそうです。寝る前に体温をあげると、自律神経のバランスを整えることができます。寝る前に40度前後のお風呂につかったり、簡単なストレッチをして体を温めましょう。

前へ

バックナンバー

2011年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。