12月29日
老眼防止に、5m以上遠くをしっかり見よう

「老眼」の進行を防ぐには、近くばかり見ないで、5m以上離れた「遠くをみること」を習慣にすることです。ただし、ボ〜ッと見るのではなく、ビルの窓を数えたり、看板の字を読むなど、しっかり見て目の筋肉や脳を使うことがポイントです。このような見方をすると、目の機能をアップさせることにつながります。

前へ

バックナンバー

2011年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。