1月4日
しん出性中耳炎を知ろう

しん出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)は、耳の奥の粘膜からしみ出た液がたまる病気です。子どもに多いのですが、大人でも耳の粘膜が弱くなることで炎症が起こり、中耳の奥に液体がたまり、音が聞きづらくなります。高い所へ登ったときに起こる音がつまったような感じです。気になる方は、一度耳鼻科を受診しましょう。

前へ

バックナンバー

2012年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。