1月30日
胆汁の流れをよくして、肝機能を高めよう

「胆汁」(たんじゅう)は、肝臓でつくられる消化液の一種です。胆のうで蓄えられ、濃縮されてから十二指腸へ送られます。水分、胆汁酸、ビリルビン、コレステロールなどで構成されていて、脂質の消化・吸収を助けてくれます。肝機能が低下すると胆汁の流れが悪くなり、脂質の消化・吸収に支障をきたすこともあります。肝臓に疲れをためないようにしましょう。

前へ

バックナンバー

2012年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。