2月5日
旬のカニを食べて、肝臓を強くしよう

冬が旬のカニは、高たんぱく、低カロリーなので、ダイエット中にはオススメの食材です。また、タウリンが豊富に含まれていて、肝臓の働きを強くします。心肺機能の強化、貧血の予防、悪玉コレステロールの減少、胆石や動脈硬化の予防、疲労回復や視力アップなどのさまざまな効能があります。美味しいだけではなくて、たくさんの栄養が含まれているのですね。

前へ

バックナンバー

2012年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。