2月19日
小豆の効能について理解しよう

小豆(あずき)は、東洋医学的に平性で、「利尿作用」の強い食材です。むくみを解消させたり、体内の毒素を消すのに効果があるといわれています。しかし食べ過ぎると、足がだるくなることも。これは利尿作用により水分が過度に失われ、気の働きも悪くなるためです。赤い色素はアントシアニンといい、鉄と結合すると黒色に変わってしまいますので、小豆は鉄鍋で調理しないようにしましょう。

前へ

バックナンバー

2012年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。