2月24日
ニオイについて理解しよう

味に、酸味、甘味、苦味…など色々な種類があるように、臭いにも「ショウノウ、芳香、ハッカ、ジャコウ、刺激臭、エーテル、腐敗臭」という7種類の「原臭(げんしゅう)」があるそうです。でも、人が臭いとして感じることができる物質は40万種類以上あるそうで、その物質それぞれの濃さが違うだけで、人の感じ方が変わります。例えば、スカンクガスの物質であるスカトールは濃いと悪臭に感じますが、ほとんど感じなくなるほどに薄くすると、芳香に変わって心地よさを感じます。香水などは、さまざまな成分を調合していますが、人によっては悪臭に感じるので、つけすぎにはご注意を。

前へ

バックナンバー

2012年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。