2月26日
豆腐の栄養について知識を深めよう

豆腐のタンパク質は、大豆のタンパク質よりもはるかに吸収されやすく、消化吸収率が90%にも達すると言われています。しかも、東洋医学的に平性で、胃腸を保護して、気のめぐりを良くし、老廃物を排泄させる働きがあります。煮たり、炒めたりする際は、先に塩を少し加えておくこと。それだけで豆腐のやわらかさが保たれます。ただし、豆腐には「プリン体」が多く含まれることから、痛風の方は控えめにすると良いでしょう。

前へ

バックナンバー

2012年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。