3月14日
動脈血と静脈血の色の違いを知ろう

動脈は、心臓から全身に血液とともに酸素と栄養を送る管です。それに対して静脈は、全身から心臓へ、血液とともに老廃物を回収する管です。全身に酸素を運ぶ働きをするのがヘモグロビン。それが動脈を流れる血液を鮮やかな赤色にしています。それに対して酸素が含まれていない静脈中の血液は、黒っぽい色をしています。だから、大けがをした時に出る血は鮮やかな赤を、ちょっとだけ切った時の血は黒っぽい赤色をしているわけです。

前へ

バックナンバー

2012年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。