4月3日
ムチン粘膜層の働きを知ろう

私たちの周りには、無数の細菌やウイルスが浮遊していますね。そんな外界からの異物を防ぐために、目、鼻、口など、外界と接する部分の粘膜には、ムチン粘膜層というネバネバがあり、この湿った部分で細菌やウイルスの侵入を防いでいるのです。しかし、体が乾燥すると粘膜も乾いてきて働きが鈍ってしまいます。室内などを加湿するだけでなく、意識して水分を摂るように心がけましょう。

前へ

バックナンバー

2012年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。