4月10日
3種類の汗について知っておこう

毎日かく汗ですが、汗には3種類あります。気温が上昇したり、運動をしたときにかく汗は「温熱性発汗」と言われ、辛いものなど刺激の強いものを食べたときにかく汗は「味覚性発汗」と言います。この2つは、体温調整をする目的としてかきますが、もう一つ、「精神性発汗」と呼ばれる症状があります。「冷や汗をかく」「手に汗を握る」など、驚いた時、緊張した時、不安になった時にかく汗です。ひどくなると、本人が不安になるほど汗がたくさん出ることもあります。

前へ

バックナンバー

2012年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。