5月22日
コンニャクの整腸作用で生活習慣病を防ごう

コンニャクは、サトイモの一種であるコンニャクいもから作られます。コンニャクには、グルコマンナンという食物繊維が含まれていて、腸の掃除屋として活躍します。この整腸作用により、コレステロールや脂肪分を体外へ排出して、生活習慣病を予防するという重要な役割を果たしてくれるのです。

前へ

バックナンバー

2012年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。