6月1日
瞑想で、脳の神経細胞をリラックスさせよう

瞑想(めいそう)は、脳の神経細胞をリラックスさせるそうです。物を考えるときに働く脳の前頭前野は、ストレスに反応しやすい傾向がありますから、瞑想で一時的に脳に入る情報を遮断し、何も考えない時間を作ることでストレスが減少するのです。イスに座ったままの「3分間瞑想」でも効果があります。家事や仕事が一段落して、次にとりかかる前や、就寝前の疲れ取りに、やってみましょう。

前へ

バックナンバー

2012年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。