6月3日
「おりもの」の働きを知ろう

膣の出口は、肛門と尿道にはさまれ、大腸菌などの雑菌が入りやすい構造になっています。その雑菌の侵入を防いでいるのが、「おりもの」です。「おりもの」は、子宮内膜や子宮頸部、膣からの分泌物、外陰部の左右に一対存在する分泌腺であるバルトリン線や皮脂腺の分泌物など、子宮や膣から“おりるもの”の混合物なのです。

前へ

バックナンバー

2012年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。