6月22日
味覚と視覚、嗅覚の関係を知ろう

唾液(だえき)は、食べ物を口に入れたときだけでなく、食べ物の匂いをかいだり、見たり、想像しただけでも分泌されます。つまり食欲というのは「味覚」だけでなく、「視覚」「嗅覚」が一体となって刺激されるものなのです。風邪で鼻がつまっていて匂いがわからないときや、暗いところで視覚を使えなくなると、味覚を十分に感じられなくなります。これは味覚が「視覚」や「嗅覚」と密接な関係をもっているからなのです。

前へ

バックナンバー

2012年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。