6月30日
血友病の症状について理解しておこう

血友病は、血漿(けっしょう)中の血液凝固因子(けつえきぎょうこいんし)足りなくなるなど、出血すると止血しにくくなる病気です。出血は、関節・筋肉・深部臓器・口腔などで繰り返し起こることがあります。小さな外傷でもすぐに出血が起こってしまうのも特徴です。治療としては、欠乏している血液凝固因子を補給します。

前へ

バックナンバー

2012年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。