7月3日
子宮と周辺組織のバランス関係を知ろう

子宮周辺には、多くのじん帯や筋肉が発達しています。がんの治療などで、子宮がなくなってしまうと周辺組織の支えが弱くなり、骨盤内の筋肉・じん帯のバランスも崩れてしまいます。その結果、腸が下がって膀胱を圧迫することがあるそうです。子宮は出産のためだけにあるのでは、ないのです。

前へ

バックナンバー

2012年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。