8月4日
ウナギを食べて、関節炎を和らげよう

ウナギは、東洋医学的に「平性」で、気血を滋養する効果があります。さらにウナギには「EPA」が豊富に含まれており、「関節炎」の痛みを和らげる効果があるとされています。腰、足の重い痛み、しびれにも良いので、今悩んでいる方は旬のうなぎを食べてみましょう。

前へ

バックナンバー

2012年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。