8月22日
肥満時には、GI値の低いものから食べよう

炭水化物を含んでいる食品は、体内で「糖」に変わり血糖値が上昇します。この血糖値が上昇するスピードについて、ブドウ糖を摂取した直後と比べた数値が、「GI値」というものです。脂肪を溜めないようにするためには、最初に「GI値」が低いものから食べるのが理想です。「野菜」「汁物」など…GI値が低く、血糖値が急激にあがらない料理から食べると、脂肪が蓄積されにくくなります。そして最後にGI値の高い「炭水化物」を摂るようにするのが太らない食べ方です。

前へ

バックナンバー

2012年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。