9月1日
肌を男性化させる副腎アンドロゲンを知ろう

ストレスが溜まり、女性の肌が男性化することが多いそうです。肌の男性化とは、皮脂が過剰に出たり、産毛が濃くなったりする状態です。これは「副腎アンドロゲン」によるもので、ストレスを感じると体を守るために分泌されるホルモンです。元々これは敵とバリバリ戦うためのホルモンで、男性ホルモンと同じ働きをします。この副腎アンドロゲンを増やさないようにするには、よく眠り、よく噛んで食べて、よく笑うなど、規則正しい生活をしながらストレスをうまく発散させましょう。

前へ

バックナンバー

2012年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。