9月12日
自律神経は、精神に左右されていると知ろう

自律神経は、自分の意思とは関係なく、内臓や血管のはたらきをコントロールしている神経です。自律神経は、活動的な「交感神経」と、リラックス状態にする「副交感神経」が互いにバランスを取っています。ただし、脳によってコントロールされているため、感情やストレスの影響を強く受けてしまいます。緊張するとドキドキしたり、汗をかいたり、胃がキリキリ痛くなることがありますが、これは交感神経が働いて活発になるためで、精神の影響を強く受けているのです。

前へ

バックナンバー

2012年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。