9月27日
目のピント合う仕組みについて理解しよう

物が見えるのは、網膜にきちんと像を結べるように「水晶体(レンズ)」が厚さを変えてピントを合わせているためです。この厚さを調整しているのが「毛様体」という筋肉で、伸びたり縮んだりと自由に動くことができます。この性質をうまく活かして、あなたが近くを見る時は水晶体(レンズ)を厚くさせ、遠くを見るときは水晶体の厚さを薄くさせています。カメラの「オートフォーカス機能」のようですね。

前へ

バックナンバー

2012年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。