9月29日
鼻の病気、蓄膿症について知っておこう

蓄膿症(ちくのうしょう)とは、鼻の腔の周囲にある骨中の空洞に膿がたまる症状をいいます。青っぽい膿の鼻汁がでたり、頭痛、注意力が散漫になるなど、日常生活に大きな支障をきたすケースが多くあります。アレルギー体質や、先天的に「鼻腔の炎症」が起こりやすい体質の人に多い傾向があります。症状が悪化すると手術を必要とすることもあります。

前へ

バックナンバー

2012年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。