10月7日
ワキガ対策に、リンゴ湿布を試してみよう

ワキガは、「アポクリン腺」という汗腺から出る汗による体臭です。この汗は脂質など水以外の成分が多く、菌が繁殖しやすいと言われています。ワキガの原因となる「アポタンパク」というたんぱく質の生成を抑えると、ワキガを防止することができます。これに効果があるのが、リンゴの繊維質を活用した湿布です。やり方は、リンゴを適量すりおろし、ガーゼなどで絞ります。その「搾りかす」を布に包み、ワキに5分ほど挟むだけです。

前へ

バックナンバー

2012年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。