10月31日
杏仁(きょうにん)で便秘を改善しよう

杏仁(きょうにん)は、漢方の生薬に使われます。ちなみに、杏仁豆腐で使う杏仁は、別の種類です。東洋医学的に「温性」で、痰を取り除き、咳を止めて喘息を解消するはたらきがあります。腸を潤して「便通」をよくする効能もあるため、便秘ぎみの方にもお勧めの食材です。ただ胃腸の弱い方や、下痢をしやすい方は控えめにすると良いでしょう。生の杏仁は小毒があるため、生では食べないようにしましょう。

前へ

バックナンバー

2012年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。