11月24日
紫色の成分、アントシアニンを知ろう

ブルーベリー、なす、黒豆などの濃い紫の色素は、「アントシアニン」という抗酸化成分です。目で物を見るときに使う物質「ロドプシン」が、光のエネルギーによって酸化することで、働きが弱くなります。この酸化を防いでくれるのが、「アントシアニン」です。濃い紫色の食材を食べられないときの「サポート」として、サプリも活用すると良いでしょう。

前へ

バックナンバー

2012年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。