11月29日
肛門付近にできる、痔ろうについて知ろう

直腸と肛門の間には、「歯状線(しじょうせん)」というくぼみがあります。ここに潰瘍ができて進行すると、肛門の筋肉である「括約筋(かつやくきん)」に穴があいて膿が出てきます。このことを「痔ろう」といい、「あな痔」とも呼ばれています。今のところ手術以外に完治する方法はないと考えられています。

前へ

バックナンバー

2012年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。