12月11日
洗顔は肌をなでるように優しく洗おう

顔の皮膚の厚さは約2mmで、角質層は約0.2mmです。その薄い皮膚をゴシゴシこすると、皮膚を傷つけ、乾燥や肌荒れの元になります。また皮膚を強くこすりすぎると毛穴が閉じ、毛穴の汚れ落としが不十分になってしまいます。肌はそっとなでるように優しく洗いましょう。

前へ

バックナンバー

2012年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。