12月31日
眼精疲労には、承泣のツボを刺激しよう

眼球の中心の真下で、骨のふちにある「承泣(しょうきゅう)」は、眼精疲労の解消に効くツボです。指の腹で軽く押すように刺激すると、効果があると言われています。なお、眼球自体を押すのは避けましょう。温タオルと冷タオルを交互に当てることでも、疲れがとれます。

前へ

バックナンバー

2012年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。