1月6日
咳のスピードを知っておこう

異物が気管支に入り込むと、それを追い出すために「咳(せき)」をします。この咳のスピードは、「秒速200〜300m」という驚くほどの速さです。ちなみに新幹線は、秒速60mぐらいです。咳で出し切れなかった異物は、粘液に包み込まれて「痰(たん)」となって排泄されます。私たちの気管支は、このような仕組みで肺に「清浄な空気」を届けているのですね。

前へ

バックナンバー

2013年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。