1月25日
小指の下の角質は、O脚のサインと知ろう

O脚やガニ股の人は、「小指の下のふくらみ」に角質ができやすいです。これは重心が「外側」にずれているのが原因です。O脚は、骨盤が開きやすいため、冷えや便秘になったり、太りやすい体質になっている可能性があります。ここに角質ができて硬くなっているときには、歩き方や立ち方に注意しましょう。

前へ

バックナンバー

2013年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。